OpenFOAM事始め(はてなブログ編)

CAEにまつわるアレとかコレ

豊通シスコムが分社化

豊田通商傘下でIT・システムソリューション会社である「株式会社豊通シスコム」が、4月から「豊田通商システムズ株式会社」に社名変更した。
 
ややこしいのだが、現在も「株式会社豊通シスコム」という会社は存在する。こちらは2018年12月に設立された新会社である。

要は、分社化した、ということであろう。業務は分割することができるが、会社は割れないから、新しく会社を作って、業務(の一部)を移管することになる。旧社名は新しい会社が受け継いだということであろう。

豊田通商システムズがトヨタグループ向け、豊通シスコムが豊田通商グループ向け、ということらしい。このような分け方も意外である。トヨタグループと豊田通商グループでは規模の桁が違うような気がするが、そういうわけでもないのか。

(2019/06/13 記)

本田技術研究所 二輪R&Dセンターが本田技研工業に吸収

Hondaグループのトップ会社は本田技研工業であり、その研究開発部門を分社化したのが本田技術研究所である。ただし技術を標榜するHondaでは、本田技研工業の社長は伝統的に研究所出身者から選ばれている。

本田技術研究所は、四輪R&Dセンター、二輪R&Dセンター。航空機エンジンR&Dセンター、……などに分かれているが、このうち、二輪R&Dセンターが、4月1日より、本田技研工業の二輪事業本部と一体化させるという。

二輪R&Dセンターのことを業界内では「朝霞」と呼ぶ人が多い。二輪R&Dセンターは朝霞に、四輪R&Dセンターは栃木に、航空機エンジンR&Dセンターは和光にあるから、地名で区別しているのだろうと思っていたが、もともとは「朝霞研究所」と呼ばれていたのだそうだ。僕は「朝霞研究所」時代は知らない。

(2019/04/04 記)

京コンピュータの終焉

スーパーコンピュータ・京は、2019年8月16日を以て共用を終了すると理研から発表があった。8月中にシャットダウンの予定。

京の共用が始まったのが2012年9月だから、まだ7年。もう終わりかというのが率直な感想だったが、地球シミュレータも運用開始から7年で二代目へ更新しているので、よく持ったというべきかも知れない。

終了後はポスト京に置き換わる(2021年共用開始予定)わけだから、駅の名前は「京コンピュータ前」で変わらないよね?

リンク

過去記事

日立が産機事業を分社化

日立製作所の大型の産業機器事業を担っているインダストリアルプロダクツビジネスユニットは、2019年4月1日付で「株式会社日立インダストリアルプロダクツ」として分社化されることになった。

変遷の激しい部署だ。もともとは日立製作所の土浦工場だったが、2001年に日立インダストリイズとして分社化された。そのわずか5年後の2006年、日立プラント建設・日立機電工業と業務が統合され、日立プラントテクノロジーに。

2014年からは業務が本社に吸収され、再び日立製作所に戻った。ただし会社名の横に「インダストリアルプロダクツビジネスユニット」という長い部署名が常にくっつくことになった。

組織のスリム化や意思決定の迅速化のためには、分社化はひとつの方法ではあろう。しかし企業のブランド力や従業員のモチベーションという点ではデメリットもある。そこで考え出されたのがカンパニー制だ。パナソニック川崎重工業など、この方式を採る重工メーカーは少なくない。日立のビジネスユニットもカンパニー制の一種だろう。

しかし今回は、どのような判断が働いたのかはわからないが、またしても分社化されることになった。大手電機メーカーでこうした状況は、最近は増えているとはいえ、ここまで多いのは珍しいのではないか。

1990年代に日立製作所に入社し、土浦工場へ配属された人は、恐らく「自分らは定年まで日立製作所で働くのだ」と考えていただろう。まさかその後20年の間に会社が4回も変わることになるとは夢想だにしなかったに違いない。

自分にとっては(恐らく自分と同世代の人間はみな)、社名がどう変わろうと、あそこは「日立の土浦工場」なのだが。
(2019/02/08 記)

シーケーエンジニアリングがカルソニックカンセイに吸収

シーケーエンジニアリングはもともとカルソニックカンセイグループで自動車用システム・部品の開発を担う会社だった(CKはCalsonic Kanseiの頭文字)が、2018年4月1日をもってカルソニックカンセイに合併された。

シーケーエンジニアリングはそれほど小さい会社ではなかった(資本金6,735万円、従業員約700名)が、カルソニックカンセイのサイトのニュースのページには本件の記事は載っていないようだ。

(2019/05/08 記)

ANSYS、CEIを買収

ANSYSがCEI(Computational Engineering International)を買収した。契約内容は非公開。

このニュースは驚いた。CEIの主力製品は汎用のポストプロセッサEnSightである。EnSightは確かに優れた製品であるが、ANSYSのポストプロセッサがそれほど劣っているとは思っていなかったからだ。

ANSYSはポストプロセッサよりメッシュ作成ソフトを何とかした方がいいと思うが。
(2017/09/27 記)

富士重工がスバルへ社名変更

富士重工株式会社が2017年4月1日付で株式会社SUBARに社名変更した。

今を遡ること10数年、恥ずかしながら、私は富士重工もスバルも知ってはいたが、同じ会社だとは思っていなかった。富士重工は航空宇宙や風車などを手掛ける重工メーカーという認識であり、自動車会社と結びついていなかったのだ。

スバルを作っているのが富士重工だと認識してからも、なかなか両社が一致しなかった。あれ、富士重の作っている自動車って、イスズ? じゃなくてスズキ? じゃなくて、あ、スバルだ、みたいに、タイムラグが生じてしまっていた(自動車メーカーにカタカナ三文字が多いから混乱するんだ……と言い訳してみるが、トヨタ・ホンダ・マツダと間違えることはなかった)。

他社は会社名とブランド名が一致しているが、富士重工だけがそうではなかった。だからこの社名変更は歓迎すべきものだろう。むしろ、もっと早くてもよかった。とはいえ、部外者としては、日本の会社名から「富士」の名が消えるのはいささか寂しい。

(2017/09/26 記)